PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

母子家庭いろいろ情報

しんぐるまざあず・ふぉーらむ・関西のスタッフのブログです。
とりたての新しい情報、日々の暮らしで感じたこと書き込みます。
コメントは受け付けていません。
子どもに引け目を感じてしまうのはなぜでしょう
0
    おしゃべり会や講座に参加してくださる方のなかには
    「離婚を考えているけど、子どものことを考えると
    決断しきれなくて悩んでいます」という人が少なくありません。

    あるいは、大変な思いをしながら離婚をして
    新しい生活が始まったばかりなのに、
    「子どもが思春期になった時、荒れるのではないか」と
    心配するシングルマザーも多くいます。

    そうしたお話を聞くたびに、
    「家族とは両親が揃っているもの」という考え方がいかに根強いか、
    そして、ひとりで子どもを育てる親に対する社会のまなざしが
    いかに厳しいかをひしひしと感じます。

    そのまなざしを感じるからこそ、
    ぎりぎりまで我慢をしたり、
    子どもに引け目を感じてしまうんですよね。

    思春期を迎えた子どもが
    親に対して批判的なまなざしを向けるのは
    ごくあたりまえの成長過程。
    むしろそれがなくては後々タイヘンかも。

    そして、親が自分の人生を楽しんでいる姿を見ることで
    子どもは安心し、人生を肯定的に受け止められるように思います。

    などと偉そうに書いている私も
    娘の思春期には悩みました。

    母と娘。
    お互いをチェックする目の冷たいこと、厳しいこと。
    時にののしり合い、時に無視し合い、最後には殴り合いです。

    そして私が負けました。
    完敗でした。
    その時、お互いに悟ったのです。
    「私はこの人より力が強くなった」
    「私はもう娘を力で抑えられない」

    あれからはっきりと関係が変わりましたねー。
    娘は私をどこかいたわるようになりました。
    私も娘をすこーし頼るようになりました。
    なんと動物的な親子でしょう。

    でも、ひとつ言えるのは
    子どもは必ず成長して、自分の人生を歩いていくということです。

    その時、お互いを思いやりながら認め合えたらいいですよね。

    そのためにもまずはシングルマザーという生き方を選んだ、
    あるいは選ぼうとしている自分に自信をもちたい。

    そんな気持ちで母子家庭をやってきたし、
    出会ったみなさんともそんな気持ちを分かち合えたらいいなと思っています。


    (Yoko)

    | - | 21:04 | - | - | - | - |
    おしゃべりしましょう〜
    0
      空気がつめたーいですね。
      お元気でお過ごしですか?

      さて、先日の大阪おしゃべり会には小学4年生の男の子が
      おかあさんと一緒に来てくれました。

      大切にしているカードゲームを見せながら
      いろいろ説明してくれたのですが難しすぎて
      さっぱりわかりませんでした・・・。

      名前も複雑だし、どのキャラクターがどんなふうに強いのかも複雑で、
      それがわかるあなたはもしかして天才ですか!?という感じでした。

      おかあさんは「すみません」と恐縮されるのですが、
      いろいろおしゃべりできて楽しかったです。

      そしておかあさんと私は別室に移り、
      離婚にまつわるあれこれやら、子育ての心配のあれこれをおしゃべりしました。
      私もいっぱい聴いてもらいました。
      おしゃべり会は相談やカウンセリングではないので、
      私もシングルマザーとして参加して、おしゃべりさせてもらいます。

      また来てくれたらいいなあ。
      スタッフは2人いますので、お子さん連れでも大丈夫。
      おとな同士でお話ししたい時は別室でお話しできます。

      どうぞ気楽に来てくださいね〜。

      西宮、尼崎、箕面、京都、奈良、堺でも毎月1回やってます。
      堺では無料で個別相談もあります。
      (1週間前までの事前申し込みが必要です。
       法律相談はお受けできません)

      くわしくは、しんぐるまざあず・ふぉーらむ・関西の
      ホームページで確認してくださいね。

      (Yoko)
      | - | 19:15 | - | - | - | - |
      講座情報(参加費無料、交通費助成あり)
      0
        2月4、5日、ひとり親のための1泊講座が開かれます。
        会場は埼玉県ですが、参加費無料で交通費の助成もあります。
        子ども向けプログラムも用意されています。

        ///////////////


        平成23年 NWEC(ヌエック)男女共同参画プログラム特別企画 開催要項(案)
        「子どもと共に未来を拓く―シングル・ペアレントのための講座」

         国立女性教育会館では、地域で活躍する人材育成のための研修事業を実施していま
        すが、このたびシングル・ペアレント・ファミリーを対象とする事業を行うこととな
        りました。
        社会の変化にともなって家族のかたちが変わるなか、シングル・ペアレントとして子
        どもと共同して生きていくための知恵が必要とされています。先輩の経験から学び、
        また同じような立場の人達と思いや情報を交換しながら学ぶ機会として本プログラム
        を企画しました。明日からの子育てと仕事へのエネルギーを蓄積するために、ご参加
        いただければ幸いです。

        1. 期 日:平成24年2月4日(土)〜2月5日(日) 1泊2日

        2. 日程・内容:
         第1日 2月4日(土)
        (1)開会                      13:00〜13:20
        理事長あいさつ  内海 房子 国立女性教育会館理事長

        プログラム・オリエンテーション

        (2)講義:「シングル・ペアレント・ファミリーの課題と男女共同参画の関わりについて」                         13:20〜14:00
        講 師: 神田 道子 国立女性教育会館客員研究員
        シングル・ペアレント・ファミリーの課題と男女共同参画の関わりについて、本学習
        プログラムの特徴等についてお話しいただきます。

        (3)自己紹介タイム                 14:00〜14:20
        オーガニックなコーヒーやハーブ・ティーをいただきながら、参加者同士で自己紹介
        し合い交流します。

        (4)ワークショップ:「シングル・ペアレント・ファミリー “ピア(仲間)相談
        会”  −子育て、仕事、離婚前後」
                                   14:20〜16:20
        ファシリテータ: 赤石 千衣子(しんぐるまざぁず・ふぉーらむ理事)他
        同じような立場の仲間で意見交換しながら、課題を短期的/長期的なものとして整理
        し、課題解決に向けた見取り図を描くワークショップを行います。

        (5)講義:「子育てと仕事に関して考えておきたいこと、知っておきたい知識」
                                   16:30〜17:45
        講師:大矢 さよ子(しんぐるまざぁず・ふぉーらむ代表)
           子育てしつつ経済的に自立する上で今まさに考えておく必要のあること、また
        長期的視野で考えた場合に役立つ知識について、経験豊富な先輩から学びます。

        夕食(各自)                 18:00〜19:00


        (6)交流会                      19:00〜21:00
           宿泊棟ラウンジ・幼児室を開放し、参加者の皆さんに交流していただきます。
        前半は、テーマ別のグループ討論形式で、後半は自由交流で行います。
        (※夜間保育はありませんので、お子さんは各自でお願い致します。
        簡易遊具等がある幼児室を21:00まで開放し会館職員が待機しますが、保母・保
        父さんは居ませんのでその旨ご承知おきください。)


        第2日 2月5日(日)

        (7)実習:「コミュニケーション力を高める方法」     9:00〜10:30
                        講 師
           コミュニケーションの基本でもある「自他の尊重」を、家庭や職場でどのよう
        に実践していくのか、グループ・ワークを交えながら学びます。

        (8)講義:「子どもと共に未来を拓くシングル・ペアレント・ファミリー」
                                    10:45〜11:45
        講 師:円より子(ハンド・イン・ハンドの会代表)
          子育てしていく上で困難はありますが、子どもがいてくれたからこそエネルギー
        や未来への希望が生まれることが多々あります。シングル・マザーの支援を長年にわ
        たって続けてきた先輩から、未来につながるお話をうかがいます。

        (9)ふりかえりタイム                 11:45−12:00
           2日間のプログラムについてふりかえります。

        (10)閉会                             12:00


        3.子ども向けプログラム
          小中学生のお子さんを対象としたプログラムを行います。ご希望の方は、お申し
        込み時に、お子様のお名前と年齢をお知らせください。


        4. 主 催:独立行政法人国立女性教育会館
        協 力:しんぐるまざぁず・ふぉーらむ、ハンド・イン・ハンドの会、
        鳥取県連合母子会

        5.会場:独立行政法人国立女性教育会館
             埼玉県比企郡嵐山町菅谷728番地(東武東上線武蔵嵐山駅下車徒歩12
        分)

        6.募集対象・定員: ひとり親(母親)20名、子ども15名(うち乳幼児につい
        ては5名まで)
           ・子育て中の方
           ・地域においてグループ活動に参加している、または参加を希望している方
           ・本テーマに関心のある方

        7.所要経費:
        (1)参加費:無料
        (2)交通費等:
          ・交通費の実費について、会館規程に沿ってお支払いさせていただきます。(後
        日口座振り込み)航空券を御利用の場合、往復の半券及び領収書を必ず御提出くださ
        い。
        (3)会館滞在中の食事料金等は、参加者ご自身の負担になります。
           *1食あたり700〜1,000円程度
           *館内の食堂をご利用になれます。食堂はカフェテリア方式です。


        8.保 育:
        (1)0歳から6歳までの未就学児の保育を行います(定員5名 先着順)。
        ご希望の方は、お申し込み時にお子様のお名前と年齢をお知らせください。
         (2)保育の受付は2月4日(土)12時30分からとなります。
         (3)お子様の引き取りは下記時間までにお願いします。
        ? 2月4日(土)18時まで   2月5日(日)13時まで


        9.申込方法:
        (1)申込方法
        ,舛蕕稽¬未凌醜書に必要事項をご記入の上、FAX又は郵送でお送りくださ
        い。
        国立女性教育会館ホームページの入力フォームからお申込ください。
         (2)参加証
        *お申込いただいた方に参加証をお送りいたします。
        *当日必ず参加証をお持ちください。

        10.その他
        (1) 健康保険証をお持ちください。
        (2)乳幼児保育をご希望の場合、お子様の食事に関しては参加者の皆様で御準備い
        ただきます。アレルギー等につきましては事前にお申し出ください。

        11.申込・お問い合わせ先:
           独立行政法人国立女性教育会館事業課 担当 金子・高橋
           〒355−0292 埼玉県比企郡嵐山町菅谷728番地
           TEL:0493−62−6725
           FAX:0493−62−6720
           メールアドレス:progdiv@nwec.jp
        | - | 17:05 | - | - | - | - |
        今年も楽しいイベント、やります!
        0
          しんぐるまざあず・ふぉーらむ・関西では、
          春と秋の交流会、夏の一泊合宿、そしてクリスマス会と
          恒例のイベントがあります。

          クリスマス会は各地のおしゃべり会でも開催し、
          締めくくりで毎年23日に全体クリスマス会があるのです。

          2011年の全体クリスマス会は、
          紙芝居でスタート、
          みんなで歌を歌って、
          ビンゴゲームでプレゼント、
          サンタが持ってきてくれたケーキを食べて・・と
          盛りだくさんのプログラムで盛り上がりました。

          今年の担当者は特にプレゼントに力を入れまして、
          いろんな年齢、好みを想定して
          できるだけみんなが自分の欲しいプレゼントを選べるよう、
          初の「見える福袋」方式を取り入れました!

          これがもう、おとなも子どもも大コーフン!
          「見える」「選べる」って楽しいですよね〜。

          時間が経つうちに、
          出会ったばかりの子ども同士が仲良く遊び始めます。

          そんな様子をみると、
          なんともいえないうれしい気持ちになります。

          「楽しそう〜」と思ったあなた。
          今年のクリスマス会はもう少し先ですが、
          どうぞ来てくださいね〜〜


          Yoko






          | - | 19:37 | - | - | - | - |
          今年もよろしくお願いします!
          0
            2012年、始まりましたね。
            みなさんはどんな新年を迎えられましたか?

            わたくし(スタッフYoko)は一人で年越しをしました。
            これは離婚して以来、ずっと変わりません。

            娘が小さい時は、お父さんと近所のお寺で鐘をつくのが
            彼女の楽しみでしたので、大晦日の午後から父親の家へ行ってました。

            今は友だちと年越しをすると行って出かけていきます。

            なので、私は大晦日の午後、大掃除の仕上げを終えると
            充実感に浸りながらピカピカのお風呂に入り、
            お酒をのみながら好きなものを食べ、
            テレビを観ながらのんびり過ごすのです。

            めっちゃ幸せです!

            たまに親戚のおじさんから電話がかかってきて、
            「なんだ一人きりか! 寂しいだろう!」などと言いますが、
            よけいなお世話というものです。

            思う存分、一人の時間を楽しんで、
            最後にジャニーズのカウントダウンを観て眠りにつきます。

            ここ3年は元旦の早朝、パートをしているファストフード店で初仕事です。
            大変だねーと思われるかもしれませんが
            「さあ、今年も働くぞー」と新たな気持ちになり、
            これはこれでいいものです。

            さあ、今年も(今年は?)いい一年にしましょう!

            ブログもできるだけ更新しますね。

            どうぞよろしくお願いします。


            Yoko
            | - | 15:23 | - | - | - | - |
            SEARCH THIS SITE.
            MOBILE
            qrcode
            OTHERS